ウェルネスコラム「食道がんの5年生存率について」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

食道がんの5年生存率について

食道がんとは、喉と胃とをつなぐ、長さおよそ25cmの食道にできるがんのことです。

高齢者男性の食道狭窄の図

今回は、食道がんの5年生存率について解説します。

がんの5年生存率とは、がんの診断を受けたとき、もしくは最初の治療を始めたときから計算して5年後の時点で生存している割合を示すものです。

食道がんにおける5年生存率は、初期である病期Ⅰ期であれば、80~90%です。

これは、その他の多くのがんと同程度の数値です。

大半の食道がん患者さんが5年後も生存していることがわかります。

癌がⅡ期になると、食道がんの5年生存率は急落し、50~60%になります。

リンパ節転移があると、予後が悪くなってしまうのです。

Ⅱ期で大きく下がった5年生存率は、ステージが進行するにつれてさらに下がり、Ⅲ期では10~30%、Ⅳ期では5~10%となります。

つまり、食道がんの5年生存率は、リンパ節に転移していないときに早期発見し、内視鏡治療、外科手術、放射線治療、化学放射線療法、化学療法(抗がん剤治療)をはじめとする治療法で早期治療されるかどうかが鍵を握るのです。

治療方法は、日本食道学会の「食道癌診断・治療ガイドライン」や患者さんの希望や年齢、合併症などを考慮して決められます。

食道がんは初期症状があらわれにくいのですが、特に異変がないとしても、定期的に内視鏡検査を受けるなどし、がんの早期発見、また再発防止に努めましょう。

食道がん関連ページ

【次のページ】食道がんの転移と再発について

【前のページ】血痰があらわれれば食道がんのサイン?

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら