ウェルネスコラム「食道がんのステージ別の状態とその治療法について」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

食道がんのステージ別の状態とその治療法について

食道は喉と胃をつなぐ管状の臓器で、食べ物が通りやすいように内側が粘液を分泌する粘膜でおおわれています。食道がんは、この粘膜の表面にある上皮から発生します。


食道がんの進行度(ステージ・病期)は、ステージ0、ステージⅠ、ステージⅡ、ステージⅢ、ステージⅣの5つのステージがあり、病院での検査をもとにがんの広がりや深さによって以下のように分類されます。

喉をおさえる女性の図

ステージや状態により、治療方法が異なります。

食道がん治療の基本的な方針は日本食道学会による食道癌診断・治療ガイドラインに示されています。

ステージ2以降のがんは、進行がんとされます。


ステージ0
食道がんが粘膜の内側にとどまっていて、リンパ節に転移していない状態。
治療方法は内視鏡治療が選択されます。
ステージⅠ
Ia期とIb期があります。
  • ・Ia期は、食道がんが粘膜、もしくは粘膜下層にとどまっており、転移していない状態。
  • ・Ib期は、食道がんが発生した場所付近のリンパ節に、少し転移している状態。
治療方法は、手術や化学放射線療法(放射線治療と化学療法の併用療法)が選択されます。
ステージⅡ
食道がんが筋層を超えていて、食道の外側に少し飛び出ている状態。食道の周囲のリンパ節に転移している状態。
治療方法は手術、手術と化学療法もしくは化学放射線療法の併用療法が選択されます。
ステージⅢ
食道がんが食道の外側にまで大きく飛び出している状態。食道から距離があるリンパ節にも転移している状態。
治療方法は手術、手術と化学療法もしくは化学放射線療法の併用療法が選択されます。
ステージⅣ
食道がんが食道のまわり、もしくは食道から距離があるところにも転移している状態。胸膜や腹膜に転移している状態。
治療方法は化学療法(抗がん剤治療)、化学放射線療法、放射線治療や症状緩和を目的とした治療が選択されます。

ANK免疫細胞療法と併用する場合は、事前にリンパ球採取し、標準治療にのぞむことがよいでしょう。


食道がんには、血行転移とリンパ節転移があります。


血行転移とは、がん細胞が血管内に入り込み、肺や脳、肝臓、骨などに転移するものです。

リンパ節転移は、リンパ管の中に入り込んでリンパ節に転移するものです。


ステージにより、適切な治療は異なります。
それぞれのステージの状態を理解した上で医師から十分な説明を受け、治療を選択するようにしましょう。


食道がん関連ページ

【次のページ】血痰があらわれれば食道がんのサイン?

【前のページ】食道がん患者の食事について気をつけること

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら