ウェルネスコラム「食道がんの5つの検査方法について」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

食道がんの5つの検査方法について

食道がんの一般的な検査方法には、内視鏡検査やX線による食道造影検査です。それ以外にも、内視鏡超音波検査や超音波検査、CT、MRI検査、腫瘍マーカーなどがあります。

食道がんの検査によって、がんの進行度合いだけでなく、患者の身体の状態を確認し、治療法を選択します。

それぞれの検査の概要を紹介します。

食道がんの食道造影検査

食道造影検査は、バリウムを摂取し、バリウムが食道を通るところをX線で撮影するものです。がんの大きさや場所を確認することができる、苦痛のない検査として知られています。

食道がんの内視鏡検査

内視鏡検査とは、内視鏡の先端にカメラをつけて、臓器を直接観察する検査方法です。 腫瘍の大きさや位置はもちろんのこと、形状や数、浸潤の状態も確認することができるのが特徴です。さらに、組織を採取し、顕微鏡でがん細胞の有無を検査することもできるため、初期の食道がんの発見に効果的です。レントゲン検査で発見されなかった食道がんが、内視鏡検査で発見されることもあります。

食道がんのCT、MRI検査

CTは、X線を使って体の内部を輪切りにしたように見ることができる検査です。治療前に転移や周辺の臓器へのがんの広がりを調べることができます。

食道の周囲には、気管・気管支、大動脈、心臓など、極めて重要な臓器が存在しています。CT検査は、がんとこれらの周囲臓器との関係を調べるために、最も優れた診断法といえます。リンパ節転移の存在も、頸部、胸部、腹部の3領域にわたって調べることができます。

食道がんの超音波(エコー)検査

体外式(体表から観察する)の超音波検査は、腹部と首(頸部)に行い、肝臓や腹部リンパ節への転移、頸部リンパ節への転移の有無を検索します。頸部食道がんの場合は、主な病巣と気管、甲状腺、頸動脈など周囲臓器との関係を調べるために行います。

食道がんの腫瘍マーカー

腫瘍マーカーとは、血液検査の項目のことです。

がんが発生していれば異常値を示すもので、腫瘍マーカーはがんの種類ごとに異なります。ただし、腫瘍マーカーは進行したがんの状態を把握するために活用されるものであって、早期の診断には使われていません。

食道がんにおいては、腺がんではCEA、扁平上皮がんではSCCとCEAです。

これらの検査の中から、がんの状態などによって選択します。それぞれの特徴を把握しておきましょう。

食道がん関連ページ

【次のページ】食道がん患者の食事について気をつけること

【前のページ】食道がんの原因は過度な飲酒や喫煙

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら