ウェルネスコラム「食道がんの2つの治療方法について」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

食道がんの2つの治療方法について

食道がんの治療は、複数の治療法の中から、ステージや患者様の状態を考え合わせて決定されます。

今回は、食道がんの治療法として、放射線治療と抗がん剤治療(化学療法)について紹介します。

食道がんの放射線治療について

放射線治療は手術と同じく、局所的な治療です。局所的ではありますが、器官を温存することが一つの目的とされます。

放射線治療では、放射線を照射し、がん細胞を縮小させます。放射線治療には2つの方法があり、体の外から放射線を当てるものと、体内に放射線を放出するものを入れて体内から当てる方法です。

さらに放射線治療は、その目的によっても2つに大別されます。根治治療(がんを治すことを目的にするもの)と緩和治療(がんの症状をやわらげることを目的にするもの)です。

食道がんの抗がん剤治療について

抗がん剤治療は、化学療法ともいわれます。

抗がん剤療法は、抗がん剤を投与し、がん細胞を縮小させる治療法です。抗がん剤が血液に乗って全身に運ばれ、手術や放射線療法が実施できない部分にも効果をもたらすことが期待されます。

広い範囲に効果が期待できるため、がんが転移している場合によく実施される治療法です。抗がん剤治療が単独で実施されることもありますが、手術や放射線治療と組み合わせられることもあります。

どのような治療法を選択するにせよ、自身の病状を把握した上で、医師によく相談し、納得した上で決定するようにしましょう。

食道がん関連ページ

【次のページ】大腸がんのリンパ節転移のメカニズム

【前のページ】大腸がん生存率のステージ別調査結果

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら