ウェルネスコラム「食道がんの原因は過度な飲酒や喫煙」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

食道がんの原因は過度な飲酒や喫煙

日本人の食道がんの90%を占める「扁平上皮がん(へんぺいじょうひがん)」は食道の内側の粘膜層にできるがんです。

食道がんの原因としては、飲酒や喫煙、熱い食べ物・飲み物が挙げられるとされています。喫煙者は非喫煙者のおよそ2倍、食道がんを発症しやすいともいわれます。罹患率、死亡率ともに男性のほうが高く、女性の5倍以上です。

飲酒について、日本人はアルコールを分解する酵素が弱く、アルコールを分解した後にできるアセトアルデヒトを分解する酵素が少ないため、アルコールを摂取した際に食道の粘膜が刺激され、食道がんを発症させるのではないかと考えられています。

喫煙については、タバコを吸うと活性酸素が多く発生し、細胞のがん化を促進します。

飲酒とタバコのイメージ図

また熱い食べ物・飲み物については、食道への刺激ががんの発症リスクになりえるといわれています。食道が刺激され、細胞が変異してがん化する可能性が高くなるのです。唐辛子などの香辛料を多用した辛い食べ物も避けたほうがよいでしょう。

食道がんは早期では症状があらわれにくいことが多く、人間ドックや検診の内視鏡検査などで発見されるケースが多いものです。

食道には、他の内臓器官とは異なり、漿膜(しょうまく)がありません。漿膜とは、内臓の外側を保護する膜のこと。内臓器官を保護する役割と同時に、器官内で発生したがんなどが外に出ていくのをストップする役割もまた担っています。

この漿膜がないことで、食道がんを発症するとすぐに周囲の臓器に転移してしまいます。食道がんのまわりには、心臓をはじめとし、肺や大動脈などの臓器があります。周囲に重要な臓器が多いため、食道がんが転移した際にがんを切除するのが困難なのです。

食道がんは、周囲の臓器だけでなく、リンパ節にも転移します。これは、リンパ液に乗って転移しやすいため、さらなる転移を引き起こす原因になりえます。

飲酒や喫煙といった食道がんのリスクを避け、病院での定期的な検診・検査や人間ドックを受けて早期発見・早期治療を目指すことが重要だといえるでしょう。

食道がん関連ページ

【次のページ】食道がんの5つの検査方法について

【前のページ】心身の痛みを和らげる緩和ケア

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら