ウェルネスコラム「胃がんの内視鏡手術のメリット」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

胃がんの内視鏡手術のメリット

胃がんの治療として一般的なのが、内視鏡手術です。

内視鏡手術は、がんが粘膜にとどまっている早期の胃がんの治療に多く用いられています。

内視鏡手術を受けるには、一般的に、以下の3つの条件を満たしている必要があります。

  1. ①粘膜下層に浸潤してしまっていたり、リンパ節に転移してしまっていたりしない
  2. ②腫瘍が2cm以内である
  3. ③組織が分化型である

内視鏡手術には、2つの方法があります。

1つ目が「内視鏡的粘膜切除術(EMR)」、2つめが「内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)」です。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)では、高周波スネアといわれる器具を使い、電流を流して腫瘍を焼き切ります。

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)で使うのは、高周波メスという器具です。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)では切除が難しい場合、また、サイズが大きい腫瘍の場合はこちらが選択されます。内視鏡的粘膜切除術(EMR)よりも切除が難しいといわれています。

内視鏡手術のメリットは、内視鏡を使うため、開腹する必要がなく、痛みも少なく傷跡が残らないことです。

さらには、手術時間が短く、病院での入院がわずかな日数で済むこともメリットの一つといえるでしょう。

他のがんと同様、胃がんにもさまざまな治療法がありますが、内視鏡手術には大きなメリットがあります。

早期胃がんの場合は有効な手段だといえるでしょう。

【次のページ】胃がんを予防する方法とは

【前のページ】胃がんの全摘出手術のメリット

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら