ウェルネスコラム「免疫療法の一種「サイトカイン療法」の仕組み」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

免疫療法の一種「サイトカイン療法」の仕組み

免疫療法の一種として用いられるのが、サイトカイン療法です。

BRM療法に次ぐ療法として活用されてきました。

サイトカインとは、免疫細胞が生み出すタンパク質のことです。

サイトカインにはさまざまありますが、代表として挙げられるのがインターロイキンやインターフェロンです。

インターロイキンは、白血球が産生するサイトカインで、25種類を超える種類が存在しています。

その中でも、IL-2といわれるインターロイキンは、がん治療の主役であるNK細胞やT細胞を増殖させたり活性化させたりする特長があります。

その他、IL-12といわれるインターロイキンも、NK細胞を活性化するはたらきがあるとして活用されています。

インターフェロンは、細胞がウイルスに感染してしまった場合に、そのウイルスに打ち勝つためにつくりだされるタンパク質です。

がん細胞やウイルスの増殖を抑制したり、免疫細胞の働きを活性化したりする性質があります。

これらサイトカインをがん患者の体内に投与し、サイトカインが免疫細胞を活性化する仕組みを利用するのが、サイトカイン療法です。

サイトカイン療法は免疫細胞に直接働きかけるため、大きな効果が期待できる一方で、場合によっては多量のサイトカインを投与しなければならず、発熱や悪寒などの副作用が懸念されることもあります。

そのため、サイトカインを全身に投与するのではなく、局所的に投与する方法などの研究が進められています。

免疫療法と一口に言っても、さまざまな治療法があります。

効果と副作用を確認した上で、治療を受けるようにしましょう。

【次のページ】膀胱がんの4つの治療法について

【前のページ】免疫チェックポイント阻害薬「オブジーボ」...

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら