ウェルネスコラム「標準治療の限界を打破する鍵となる完治をめざす「がん治療設計」とは(3)」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

標準治療の限界を打破する鍵となる完治をめざす「がん治療設計」とは(3)

ANK東京がんセンター院長石井光、リンパ球バンク株式会社代表取締役藤井真則の対談企画 標準治療の限界を打破する鍵となる完治を目指す「がん治療設計」とは

2015年3月13日の読売新聞に掲載された意見広告を転載しています。

活性化させた免疫でがんと闘う治療設計

藤井真則
体に備わったNK細胞を活性化させたANK免疫細胞療法とは、まさに免疫療法の到達点ともいえます。
石井  光
がんと闘うために必要なNK細胞の活性を維持していくことは21世紀のがん治療に必要な視点です。自由診療には、がん細胞を叩くNK細胞そのものを活用したANK免疫細胞療法というものも存在しています。
ANK免疫細胞療法を実施する際には、患者さんの状態や受けている標準治療を踏まえて、そこに保険適用外の分子標的薬や免疫療法をどう組み合わせるか、ほかに利用できそうな先端医療も検討し、最適と思われる治療設計を提案します。
がんは日本人の3人に1人の命を奪っている難敵です。その難敵を限られた武器だけで制圧できるほど、治療は簡単ではありません。
藤井真則
ありがとうございました。

『保険診療+先端医療 完治をめざすがん治療設計』より要約

リンパ球バンク株式会社藤井真則、医学博士石井光のプロフィール画像

【次のページ】がんの「5年生存率」とは

【前のページ】標準治療の限界を打破する鍵となる完治をめ...

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら