ウェルネスコラム「標準治療の限界を打破する鍵となる完治をめざす「がん治療設計」とは(2)」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

標準治療の限界を打破する鍵となる完治をめざす「がん治療設計」とは(2)

ANK東京がんセンター院長石井光、リンパ球バンク株式会社代表取締役藤井真則の対談企画 標準治療の限界を打破する鍵となる完治を目指す「がん治療設計」とは

2015年3月13日の読売新聞に掲載された意見広告を転載しています。

体の中に備わったがんと闘う免疫とは

藤井真則
飛び散るがんに対する対抗策についてのお考えをお聞かせください。
石井  光
「免疫監視機構」説などでは、「がん細胞は健康な人の体内でも日常的に発生しているが、NK(ナチュラルキラー)細胞が全身をパトロール(免疫監視)し、見つけ次第殺しているので、がんにならない」といわれています。
このNK細胞は、がんに対抗できる免疫です。NK細胞はがん細胞と正常細胞を区別して、がん細胞を叩く性質を持っています。健康な人の体の中にいるNK細胞はがん細胞の勢いを上回る状態=NK活性が高い状態ですが、がんの人はNK活性が低い状態です。このNK細胞こそが、がん細胞を狙い撃ちするがん退治の主役といえるでしょう(図表3) 【図表3】 NK 細胞の精緻な認識システム
ところが保険診療の中には、このNK細胞を回復させるものがありません。そこで提唱したいのが、保険診療と自由診療を組み合わせた「がん治療設計」というがんとの闘い方です。

保険診療と先端医療で「がん完治」をめざす

藤井真則
石井先生が自由診療との組み合わせを提唱されている背景には、どのような問題があるのでしょうか。
石井  光
保険診療の病院では保険適用になっていない薬や治療を勧められることはまずありません。それは、我が国の医療制度で「混合診療規制」というルールがあるためです。これは、「一つの医療機関」が、「同じ患者さん」の「同じ病気」に対して保険診療と自由診療の両方を行ってはいけないというものです。
欧米では殺細胞剤に代わって新しい抗がん剤「分子標的薬」が主流になっています。この分子標的薬は、がんの増殖を抑えるだけでなく、正常細胞やがんと闘うNK細胞を温存する働きがあります。殺細胞剤ではできないことができるわけですが、日本では分子標的薬の保険適用範囲が限られており、多くの部位で自由診療で投与するしかありません。
この分子標的薬の中には、がん細胞表面の物質に結合すると、NK細胞を活用して、がんを叩く作用を増強させるものがあります。これをADCC活性といい、体内にもともと備わっているNK細胞が、がんを効率よく叩くことが期待できるのです。このADCC活性こそ、がん治療において重視されるべき重要な作用だと考えています。

【次のページ】標準治療の限界を打破する鍵となる完治をめ...

【前のページ】標準治療の限界を打破する鍵となる完治をめ...

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら