ウェルネスコラム「心身の痛みを和らげる緩和ケア」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

心身の痛みを和らげる緩和ケア

がんと診断されると、患者様は不安になり、身体的のみならず精神的にも苦痛を感じるものです。

治療を進めると、副作用があらわれ、苦痛はいっそう増すでしょう。


がんによる苦痛を緩和し、がん患者様がよりよい生活を送れるようにすることを、緩和医療(緩和ケア)といいます。

がんが進み、治療を受けられなくなったがん患者様が受けるものだった緩和医療ですが、今や、がんと診断されたらすぐに受けるものへと変化しています。


がん患者様は多種多様な苦痛を感じるものですが、特に悩まされるのは身体的苦痛、つまり身体の痛みです。

身体的苦痛に対するケアとしては、鎮痛薬の他、医療用麻薬としてモルヒネが使われることがあります。

身体的苦痛のほか、不安、悲しみ、絶望、憂うつ感といった「精神的な苦痛」、仕事や家庭における役割が果たせないことや経済的な悩みなどの「社会的な苦痛」にも悩まさせれます。

このような苦痛を和らげるのが緩和医療です。


緩和医療は、ホスピスで受けられます。

ホスピスとは緩和ケア病棟とも呼ばれ、がん患者様が入院し、緩和医療を専門的に受けられる施設です。


施設によっては、通院する必要すらなく、看護師や医師などのスタッフが自宅に訪問してくれ、在宅医療を行ってくれるところもあります。また、支援の内容もホスピスによって異なります。


どのような緩和医療を受けるのか、がんの治療を受けている医療機関に相談の上、選択するようにしましょう。

がん関連ページ

【次のページ】食道がんの原因は過度な飲酒や喫煙

【前のページ】食道がんの6つの症状について

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら