ウェルネスコラム「外陰がんの症状と原因」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

外陰がんの症状と原因

外陰がんとは、女性に特有の部位である外陰に発生するがんのことです。

外陰とは、大陰唇、小陰唇、恥丘などの部分のことで、外性器ともいいます。

女性器に発生するがんには、子宮がん、卵巣がん、外陰がん、絨毛がんがありますが、外陰がんは子宮がん、卵巣がんに次いで3番目に多く発生するがんです。

60代~70代の女性に多く発症します。

外陰がんの症状

早期の外陰がんでは、しこりと激しい痛みが見られます。

また場合によってはかゆみが出たり、該当部位の皮膚が白くなる、排尿する際に外陰部がほてったりするなどといった症状があらわれることがあります。

がんが進行し、腫瘍が大きくなっていくと、出血したり、おりものがでたりするなどの症状が見られます。

外陰がんの原因

外陰がんの原因は、残念ながらまだ解明されていません。

外陰がんの検査

外陰がんは、肉眼で腫瘍を発見することができるがんです。

場合によっては、組織検査と細胞診が実施されるケースもあります。

【次のページ】精巣がん(睾丸がん)の症状と原因

【前のページ】絨毛がんの症状と原因

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら