ウェルネスコラム「精巣がん(睾丸がん)の症状と原因」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

精巣がん(睾丸がん)の症状と原因

精巣がん(睾丸がん)は、男性特有のがんで、精巣(睾丸)に発生するがんです。

精巣(睾丸)とは、男性の陰のうに一対ある臓器で、精子をつくったりホルモンを分泌したりといった役割を担っている部位です。

精巣がん(睾丸がん)は男性のみに発生し、20代~40代、60代の男性に多くみられます。

精巣がん(睾丸がん)は、治りやすいがんであることが特徴です。

精巣がん(睾丸がん)の症状

痛みを伴わない精巣の腫れが特徴的な症状です。

こぶしほどの大きさまで腫れあがっても、痛みがでません。

あまりにも大きく腫れあがると、疼くような痛みがでることがあります。

精巣がん(睾丸がん)の原因

精巣がん(睾丸がん)の原因は、明らかになっていません。

ただ、遺伝や停留精巣、打撲などによる精巣の損傷、おたふくかぜとの関連性が指摘されています。

【次のページ】卵巣がんの症状と原因

【前のページ】外陰がんの症状と原因

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら