ウェルネスコラム「前立腺がんの症状と原因について」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

前立腺がんの症状と原因について

前立腺がんとは

前立腺がんは、男性特有のがんです。
前立腺とは、精液の主成分をつくっている臓器で、恥骨の裏側にあります。

前立腺がんの罹患者数は、男性のがん患者のうちおよそ15%を占めます。死亡者数は、男性のがん患者のうちおよそ5%です。

50代以降の男性がかかりやすく、50代以降は加齢とともに罹患者数が増加します。

前立腺がんの症状

前立腺がんは、早期がんではほとんど症状があらわれることがありません。

症状としてまずあらわれるのは、排尿障害です。
尿の切れが悪くなる、排尿の勢いがなくなる、尿が出にくくなる、夜間の排尿回数が多くなる、尿を漏らしてしまうなどの症状が挙げられます。

さらにがんが進行し、前立腺の外へ浸潤すると、血尿や強い腰の痛みがあらわれます。

前立腺がんの原因

前立腺がんの原因になりえるのは、加齢です。男性が年齢を重ねるほど、発症するリスクが高くなります。
また、家族歴も原因のひとつです。

【次のページ】乳がんの症状と原因について

【前のページ】食道がんの症状と原因について

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら