ウェルネスコラム「がんの再発・転移と治療・検査」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

がんの再発・転移と治療・検査

がんは、がん細胞の性質により、数が増えたり、他の部位に移動したりすることがあります。

これらを、がんの「再発」「転移」といいます。

がんの再発とは、手術でがんを取り除いたとしても、取り除ききれていなかった小さながんが再度出現したり、放射線治療や抗がん剤などを使って縮小したはずのがんが大きくなったりすることをいいます。

がんの転移とは、がん細胞が血管やリンパの流れに乗せられて、当初発生した場所とは別の場所に移動し、移動した先で増えていくことをいいます。

血管やリンパに乗っていくので、リンパ節や、血液の流れが多い場所に転移されやすいとされています。

がんの再発・転移と治療・検査

がんの種類によって性質が異なり、再発・転移のしやすさも異なります。

がんの種類や進行度合いによって、再発・転移について、ある程度は予測がつくのです。

そのため、医師は、がんの種類やステージによって検査や治療のタイミングや、方針を検討するのです。

たとえば、目にはみえないものの小さな転移があるものとして治療したり、再発や転移が起こるものとして早い段階で検査したりするなどです。

がんの再発や転移を完全に防止することは難しいですが、検査や治療については医師の判断を仰ぎ、防止に努めるようにしましょう。

【次のページ】上顎洞顎の症状

【前のページ】がんを完治させるために知っておきたいリン...

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら