ウェルネスコラム「がんは遺伝する? がんの遺伝について知っておくべきこと」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

がんは遺伝する? がんの遺伝について知っておくべきこと

がんは、食習慣などの生活習慣が大きく関係して発症する病気として知られていますが、一方で遺伝するというイメージも根強いものがあります。

がんは遺伝するのでしょうか?

本コラムでは、がんと遺伝についてご紹介します。

がんは遺伝する?

「がん家系」という言葉があるように、がんは遺伝するものだというイメージがあります。しかし、すべてのがんが遺伝するものではありません。

たとえば「父は肺がんで、祖父は胃がんだった。うちはがん家系だから、私もいつかがんになる」といった認識は、正しいとは言えません。

「がん家系」という言葉は、家族や血縁者にがんになった人が多い場合に使われることが多いのですが、実は必ずしも遺伝子が関係しているわけではありません。

遺伝子が関係するがんは「遺伝性のがん(遺伝性腫瘍)」と呼ばれます。特定の遺伝子に異常があることで、大腸がんや乳がんなど、特定のがんにかかる可能性が高まります。

一方で、胃がんや肺がんにかかりやすい家系があります。しかしこれらのがんは研究が進んでいないため、遺伝子が関係しているかどうかは定かではなく、多くの場合はストレスに弱い体質や、塩分過多などの食習慣、タバコや酒をたしなむ生活習慣に由来していると考えられています。タバコに関しては、本人がタバコを吸わなくても、喫煙者が発する副流煙を吸い込むことで発症リスクが高まると考えられています。

このように、原因は定かでないものの、家系のなかで複数の人ががんを発症することを「家族集積性のがん(家族性腫瘍)」と呼びます。

「家族集積性のがん」は、遺伝子の検査で原因が判明しないのですが、発症リスクは高いがんです。定期的に医療機関の診療でがん検診を受けて、早期発見を心がけましょう。

がんが遺伝する確率

では、どの程度のがんが遺伝するのでしょうか。

遺伝性のがんが、発症したすべてのがんに占める割合は、およそ5%以下であるとされています。

がんは、体内の細胞の遺伝子が変異し、暴走して増殖し続けてしまうことで発症します。これが"細胞のがん化"です。

本来なら「がん抑制遺伝子」と呼ばれる遺伝子ががんの発症を抑制するのですが、遺伝性のがんは、特定の遺伝子の「がん抑制遺伝子」が変異したまま遺伝してしまうのです。

「がん抑制遺伝子」が特定のがんに対して働きにくくなっているため、がんの発症リスクが高まるのです。

ただし、がんが発症するリスクが高まる遺伝子を親から受け継いでいたとしても、必ずがんを発症するわけではありません。そのほかのがんと同様に、生活習慣の改善によってがんの発症確率を抑えることができる点では、遺伝性のがんも同じです。

もし自分ががんを発症しやすい遺伝子を保持していたとしても、悲観する必要はまったくないのです。

遺伝性のがんの特徴

家族のがんが遺伝性のものかどうか。

遺伝性のがんには次のような特徴があるとされているので、参考にしてみてください。

  • ・若くしてがんにかかった
  • ・家系内に何回もがんにかかった人がいる
  • ・家系内に特定のがんが多く発生している

以上の3つの特徴がよく知られています。

ほかにも

  • ・滅多にないがんにかかった(男性の乳がんなど)
  • ・遺伝性のがんの特徴的な症状が皮膚や骨などにある
  • ・生まれつき染色体の異常が疑われる

などの特徴もあります。

遺伝性のがんの種類

遺伝性のがんは特定のがんに絞られ、次のような種類があります。

大腸がん

家族性大腸ポリポーシス:

遺伝性の大腸がんでは代表的ながんで、大腸に100個以上、場合によっては5000個以上のポリープができてしまう病気です。このポリープががんに変化しやすいので、発症したら大腸すべてを摘出する治療が主流です。

患者数は全大腸がんの1%以下になります。

リンチ症候群(遺伝性非ポリポーシス大腸がん):

家族性大腸ポリポーシスでなくとも、遺伝性の大腸がんがあり、下記の条件を満たすと遺伝性を疑われ、遺伝子検査によって診断されます。

  • ・家系内罹患者のうちの1名は他の2名の第1度近親者(親、子、きょうだい)であること
  • ・少なくとも継続する2世代にわたって発症していること
  • ・少なくとも1名は50歳未満で診断されていること
  • ・家族性大腸腺腫症が除外されていること
  • ・がんが、病理検査により確認されていること

乳がん、卵巣がん

遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC):

検査で変異が発見された女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが、乳房の切除と再建手術、そして卵管の切除をする予防的卵巣卵管切除術を受けたことで認知度が高まりました。

全体の5~10%が遺伝性とされています。

そのほかに

  • ・骨軟部肉腫(リー・フラウメニ症候群)
  • ・皮膚がん(遺伝性黒色腫)
  • ・泌尿器がん(ウィルムス腫瘍、遺伝性乳頭状腎細胞がん)
  • ・脳腫瘍(フォン・ヒッペルーリンドウ症候群)
  • ・眼性の小児がん(網膜芽細胞腫)
  • ・内分泌系の腫瘍(多発性内分泌腫瘍症1型2型)

などのがんが遺伝性のがんとして知られています。

また、これらの遺伝性のがんは、特定の遺伝子が変異していることで発症するのですが、その変異した遺伝子によって、別の部位にがんが発生することもあります。

たとえばリンチ症候群では、子宮体(子宮内膜)がんや、卵巣がん、胃がん、小腸がん、卵巣がん、腎盂(じんう)・尿管がんなど、遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)だと前立腺がんや膵臓がんも同じ遺伝子で発症する可能性があります。

もし家族に遺伝性のがんを発症した人がいたら、その遺伝子が引き起こすほかのがんについても注意したほうがいいでしょう。

「お母さんが子宮がんになった」ことで遺伝性のがんを心配する人も多いようですが、母や姉、もしくは祖母、親戚といった血縁者がかかったがんが子宮頸がんの場合は、遺伝の心配はまったくなく、子宮体がんでも可能性は低いため、必要以上に心配することはありません。

自分や家族が遺伝性のがんになったら

遺伝性のがんは、変異した遺伝子を遺伝することで発症しやすくなるものですが、かならず発症するわけではありません。

家族や自分のがんが遺伝性のものであると疑ったら、まずは遺伝子専門の資格を持った臨床遺伝専門医や、認定遺伝カウンセラーがいる「遺伝相談外来」を受診するといいでしょう。

「遺伝相談外来」では、適切な検査のほか、カウンセリングによって正確な情報を得ることができ、今後の検診や治療方針、予防策などについてのアドバイスを受けられます。個人情報の扱いにもたけているので、安心して相談することができます。

診断を適切にするためにも、「親族の誰が、何歳で、どこにがんができたか」を詳しく調べてから相談に行くようにするといいでしょう。

遺伝子の検査は、一般の健康保険がきかない自由診療になっています。全額が自費での診療になりますので、検査を望む場合は診療費を下調べしておきましょう。

がんは早期発見によって治療が可能な病気です。

また簡単な尿検査や血液検査でがんのリスクが測定できる技術など、日進月歩で医療技術が進化してどんどん治療が可能な病気になっています。

予防によっても発症を抑えることができるので、自分に遺伝子の変異があっても心配しすぎず、適切な対応を心掛けてください。

おすすめコラム

【次のページ】なぜがんは転移する? そのメカニズムをご...

【前のページ】がんの治療にはいくらかかる? 部位別の治...

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら