ウェルネスコラム「最新のがん治療「免疫療法」とは」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

最新のがん治療「免疫療法」とは

がんの三大療法というと、手術、化学療法、放射線療法がありますが、それらに次ぐ最新のがん治療、「第4のがん治療」として注目されているのが免疫療法です。

免疫とは、誰もが備えているものです。

免疫療法では、本来誰もが持っている免疫力を生かしてがん細胞を殺します。

自身の免疫力を活用するため、免疫力が衰えていない段階で実施するとより高い効果が得られるとされているほか、他のがん治療法と比較すると副作用がでにくいといわれています。

がんの免疫療法は、大別すると2種類に分類できます。

1つ目は、「アクセルを踏む」治療法といわれます。

これは、がん細胞を攻撃する免疫細胞の機能を高めるものです。

代表的な治療としては、樹状細胞ワクチン療法が挙げられます。

2つ目は、「ブレーキをはずす」治療法といわれます。

これは、免疫応答を抑制するはたらきを妨げるものです。

代表的なものとしては、免疫チェックポイント阻害剤といわれるもので、オプジーボなどが挙げられます。

これらの2種類の免疫療法を併用することで、より効果が高まるとされ、最新の治療の展開に大きな注目が集まっています。

【次のページ】生命科学研究所のニュースは、届けが出され...

【前のページ】早期治療で防ぎたい がんの骨とリンパへの...

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら