ウェルネスコラム「がんと食事:乳製品とがんの関係について」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

がんと食事:乳製品とがんの関係について

乳製品の画像

がんとの関連性を指摘されるのが、食事や飲酒、喫煙などの生活習慣です。

今回は、乳製品とがんの関係についてご紹介します。

欧米型の食生活とがんの関係

食事とがんの関連性が指摘される際、話題にのぼるのが欧米型の食事です。欧米型の食事によく取り入れられるのが、バターやチーズなどの乳製品です。

乳製品は、男性においては前立腺がんの、女性においては乳がんのリスクを上げるという研究結果が多く報告されています。前立腺がんと乳がんは従来、日本人には多くないがんでした。食生活が欧米化していくにつれ、前立腺がんと乳がんが増加していったのです。

乳製品ががんのリスクになる理由

乳製品が男性の前立腺がんの原因になる理由としては、以下が挙げられています。

  • ・がんのリスクになるインスリン様成長因子が牛乳に含まれていること
  • ・前立腺がんのリスクを減らすビタミンDの血中濃度がカルシウムの多量摂取によって下がること

乳製品が乳がんを引き起こす理由については、まだ一部解明されていませんが、インスリン様成長因子が関係しているのではないかとされています。

乳がんは、乳製品の摂取量が多い国で罹患率が高いことが報告されています。乳製品をあまり摂取しない地域では実際に、乳がん罹患率が低いこともあわせて報告されています。

以上を見ると、乳製品はがんの原因になる、摂取しない方がいい食品だと思えるかもしれません。

しかし乳製品には、肉類と同様、栄養素が含まれています。

乳製品を摂らないことではなく、バランスのいい食生活を心がけることがより重要だといえるでしょう。

おすすめ関連ページ

【次のページ】全額自己負担となる、がん先端治療の費用に...

【前のページ】肉類とがんの関係について

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら