ウェルネスコラム「ステージ別のがんの状態」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

ステージ別のがんの状態

がんの進行度合いは、「ステージ」で分けられます。

がんのステージは、がんの大きさ、リンパ節への転移の有無、他の臓器への転移の有無によって判断されます。

基本的には、ステージ1、ステージ2、ステージ3、ステージ4があり、がんの種類によってはステージ0もあります。

ステージごとのがんの状態

がんの種類によってステージは異なりますが、一般的には以下のような状態だといわれています。

ステージ0では、がん細胞が上皮内にとどまっていて、リンパ節に転移していない状態です。

ステージ1では、がんが少し広がっているものの、筋肉の層にとどまっている状態です。また、リンパ節には転移していません。

ステージ2では、がんはリンパ節には転移していませんが、筋肉の層は越えている状態です。

ステージ3では、がんは筋肉の層を越え、深く浸潤しています。また、リンパ節にも転移している状態です。

ステージ4では、がんが臓器を越え、離れた場所にある臓器や血管などに浸潤している状態です。

がんを早いステージで発見することができれば、生存率は上がります。

積極的に検査を受け、早期発見・早期治療を行ないましょう。

【次のページ】早期治療で防ぎたい がんの骨とリンパへの...

【前のページ】上顎洞顎の症状

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら