ウェルネスコラム「乳がんの症状と原因について」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

乳がんの症状と原因について

乳がん(癌)とは

乳がん(癌)とは、乳腺組織に発生するがんのことです。

各部位の中でも肺がん(癌)を上回り、女性の発症率が最も高いがん(癌)です。特に40代~50代の女性がかかりやすいといわれています。

とはいえ、男性の体にも乳腺組織があるため、乳がん(癌)にかかるのは女性だけではありません。

乳がん(癌)患者は増加の一途をたどっていますが、決して治らないがん(癌)ではありません。5年生存率はおよそ9割ともいわれています。

乳がん(癌)の症状

乳がん(癌)の代表的な症状であるしこりの他、分泌液と乳腺の引きつれが主な症状です。

しこりは、自己検診で見つけやすい症状です。毎月一度は自己検診し、異常を感じたら、すぐに専門医にかかることが大切です。

分泌液については、血液の色をしたものが出たら要注意です。また片手を上にあげた際、乳腺が引きつれるような感じを受けることもあります。

乳がん(癌)の原因

乳がん(癌)には、女性ホルモンの「エストロゲン」が大きく関係しています。

エストロゲンが長期間にわたって、また過剰に分泌される場合、乳がん(癌)の発症リスクが増します。

具体的には、肥満であること、出産経験・授乳経験がないこと、初潮が早い・閉経が遅いなどで長期間にわたって月経があることなどによって、乳がん(癌)の発症リスクが増すといわれています。

乳がん(癌)の検査

乳がん(癌)の検査方法は主にマンモグラフィー検診と超音波検診(エコー)があります。

マンモグラフィーは乳房専用のレントゲン検査です。少ない放射線の量で安全に乳がんの検出ができます。

超音波検診(エコー)は超音波を乳房に当て組織を画像化し、乳房内部を検査します。痛みや人体への影響の少ない検査です。

近年乳がん(癌)の増加傾向が見られます。自己触診に加えて定期的に検診を受けるようにしましょう。

乳がん(癌)の検査

乳がん(癌)の治療は、手術、放射線療法、薬物療法の中から、個々の患者さんの状態に合ったものを選び、組み合わせて行います。

がん(癌)の性質や病期(ステージ)、全身の状態、年齢、合併する他の病気の有無などに加え、患者様の希望を考慮しながら、治療法を決めていきます。

【次のページ】胃がんの治療

【前のページ】前立腺がんの症状と原因について

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら