ウェルネスコラム「膀胱がんと症状と原因について」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

膀胱がんと症状と原因について

膀胱がんとは

膀胱がんとは、膀胱に発生するがんのことです。

膀胱は、腎臓でつくられた尿が運び込まれ、貯蔵し、排出する臓器です。

膀胱は尿路上皮(移行上皮)という粘膜で覆われており、膀胱がんの多くはこの尿路上皮に発生します。

膀胱がんの症状

血尿がでることが挙げられます。その他、膀胱炎とよく似た症状で、残尿感を覚えるようになったり、頻尿になったりといった排尿障害も起こります。

膀胱がんの原因

喫煙が最大のリスク要因であり、喫煙者は非喫煙者と比較して2倍以上も膀胱がんを発症しやすいともいわれています。

その他、フェセナチセンやシクロフォスファミドなどの薬剤も膀胱炎と関連があるとみられています。

【次のページ】肝臓がんの治療法について

【前のページ】胃がんの治療

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら