ウェルネスコラム「副腎がんの症状と原因」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

副腎がんの症状と原因

副腎がんとは

副腎がんは、副腎に発生するがんです。副腎とは、左右に一対ある臓器で、腎臓の上にあります。

副腎は表面部と内部に分けられ、それぞれ異なるホルモンを分泌しています。具体的には表面部の皮質からは副腎皮質ホルモンを、内部の髄質からは副腎髄質ホルモンを分泌しており、副腎に腫瘍ができることによってホルモンの分泌に異常が発生するのです。

どのホルモンの分泌に異常が発生しているかによって、診断される病名が異なります。

副腎がんは、女性のほうがかかりやすいがんです。また、10歳前後と40代~50代でかかりやすいとされています。

副腎がんの症状

副腎の腫瘍は、ホルモンの産生によって二種類に分けられます。ホルモンが過剰に分泌される機能性腫瘍と、分泌されない非機能性腫瘍です。

非機能性腫瘍では、ほとんど症状がみられません。検診などを受診した際に偶然見つけられるケースが多いです。

対して機能性腫瘍では、頭痛や高血圧、動悸、顔が丸くなる満月様顔貌、中枢性肥満などといった症状が、過剰に分泌されるホルモンによってあらわれます。

副腎がんの原因

副腎がんの原因は、腎臓の疾患や喫煙、遺伝子異常などとされていますが、発生がまれであるため、まだ詳しいことが解明されていません。

副腎がんについて詳しく知りたい方はがん治療説明会へご参加ください。

【次のページ】絨毛がんの症状と原因

【前のページ】胆道がんの症状と原因

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら