ウェルネスコラム「がんの「5年生存率」について」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

がんの「5年生存率」について

がんでは、「5年生存率」という言葉が指標として使われます。

5年生存率とは、がん患者のうち、がんの治療開始から5年後に生存している人の割合のことです。

5年生存率の中には、生存さえしていれば、がんが再発した人もしていない人も含まれます。つまり5年生存率では、がんが完治したかどうかはわかりません。

では、なぜ3年や10年ではなく、「5年」生存率なのでしょうか。

それは、多くのがんにおいて、がんが消えてから5年経つまでに再発しなければ「治癒」とみなすものとされているからです。

再発とは、がんを取り除いた後、取りきれずに残存したがんが大きくなり、発見されることです。

多くの場合、これは5年以内に検査で見つけられる大きさになります。

「発見されること」が重要で、体内のがんが小さく、発見されずに潜んでいる場合は再発には含まれません。

つまり、治療後にがんが残った場合、5年以内にはほぼすべてのがんが発見されて再発となるのです。

5年以降に再発することはほとんどないといえます。

がんによって5年生存率は異なる

5年生存率はがんの種類やステージによって異なりますが、一般的に発見されたステージが早いほど高くなります。

がんの部位別にみると、ステージ1で発見された場合、進行が比較的ゆるやかな大腸がん、胃がん、乳がん、前立腺がん、甲状腺がん、咽頭がんは5年生存率が高いがんです。

がんの進行が比較的ゆるやかながんだとして知られています。

逆に、ステージ1でも5年生存率が低いがんとして挙げられるのは、膵臓がんや肺がんです。

これらは、進行の早いがんです。

5年生存率は、部位やステージだけでなく、治療法や医療機関によって異なります。

5年生存率の低いがんでも諦めず、可能な限り早い段階で医療機関に相談しましょう。

【次のページ】抗がん剤の副作用を抑制させるステロイドに...

【前のページ】がんとコーヒーの関連調査について

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら