ウェルネスコラム「ブロッコリーとがんの関係」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

ブロッコリーとがんの関係

ブロッコリーとがん予防には関連があるといわれています。

その理由をご紹介します。

ブロッコリーはビタミンを豊富に含んでいるから

ブロッコリーは、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンE、ビタミンK、葉酸といったビタミン類を豊富に含んでいます。

これらが栄養素の代謝・消化や細胞の新陳代謝を促進し、がん治療を助けてくれるのです。

ブロッコリーは抗酸化成分を豊富に含んでいるから

ブロッコリーは、ビタミンCなどの抗酸化成分を豊富に含んでいます。

抗酸化成分は、体内で細胞を攻撃する活性酸素を除去することで細胞を守ってくれます。

ブロッコリーは食物繊維を豊富に含んでいるから

ブロッコリーに豊富に含まれる食物繊維は、腸内環境を改善します。

不要なものを輩出することで、必要な栄養素を体内に行き渡らせることができます。

ブロッコリーの効果的な摂取方法

ブロッコリーの中で特に栄養素が豊富なのが、茎の部分です。

調理法としては、さっとゆでることをおすすめします。

なぜなら、ブロッコリーが豊富に含んでいるビタミンCは熱に弱いため、加熱時間が長いことで栄養素が損なわれてしまうからです。

効果的に栄養素を摂取するために、茎も含めてさっとゆでて食べるようにしましょう。

【次のページ】早期発見・早期治療の鍵を握るがんの兆候

【前のページ】がんとほくろの違い

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら