コラム「夢の新薬、オプジーボの問題点」

コラム

書籍連載

医師の罪と罰2 使命放棄 医者の怠情・無知
夢の新薬、オプジーボの問題点

免疫チェックポイント阻害薬の知られざる副作用

最近出てきた免疫チェックポイント阻害薬には、問題点があります。初めて承認された免疫チェックポイント阻害薬は、商品名オプジーボ、一般名ニボルマブといいます。メディアは夢の新薬とはやし立てましたが、本当にそうなのでしょうか。

医者の罪と罰

医者の罪と罰

この薬の特徴は、5つあります。

①高額であること

この薬は体重を目安に処方量が決まります。

体重60㎏の平均的な成人が投与を受けると1回170万円、年間で3500万円。

2016年11月薬価を50%引き下げることが決まりました。

それでも年間1750万円と高額です。

②使い続ける必要があること

この薬を使っても完治はせず、期待される主な効果は延命であるため、延々と使用しなければなりません。

1年あたり1750万円が何年もかかるわけですから、何万人も使えば薬代だけで兆円単位の高額になります。

③患者負担の増加につながること

このように高額な薬で延命する患者さんが増えていくと、国の財政が持たなくなるため、自己負担額の増加を検討せざるをえなくなる可能性があります。

すると、治療費のために自己破産者が急増する事態になりかねません。

④効果が予測できないこと

通常、抗体医薬品などほかの分子標的薬は、処方の目安となるマーカー(標的)などが決まっており、効果が期待される患者さんに投与されます。

しかし、この薬は、誰に効果があるのか使ってみないとわかりません。

⑤自己免疫疾患が多発すること

そして、最も重大なリスクとして、免疫チェックポイント阻害薬は免疫バランスを司(つかさど)るT細胞を暴走させるため、自己免疫疾患が多発するのです。

私のクリニックに来院した患者さんが某大学研究所で免疫チェックポイント阻害薬の治験を受けようとしたときのこと。

医師から、「1割ぐらいの人に治療不能な自己免疫疾患、例えばⅠ型糖尿病、関節リウマチ、筋ジストロフィー、重症筋無力症が出るがいいか」と伝えられ、断ってきたと言っていました。

このような重大な副作用が頻発する薬を、夢の新薬といえるのでしょうか。

【次のページ】治療を放棄して哲学を語るのは本末転倒

【前のページ】がんにはがんの免疫がある

目次へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら