クリニックコラム『医者の罪と罰』

コラム

医者の罪と罰一覧

医者の罪と罰

医者の罪と罰

知らなかったではすまされない、がん治療の真実
本作では、長年医療の現場に携わってきた経験を元に、現代のがん治療の嘆かわしい現状を訴えています。患者の無知に付け込んだ「がんビジネス」の存在や、新薬の問題点など、私たちが知っておくべきがん治療の真実について取り上げています。

医者の罪と罰 はじめに ―― がん専門医を含むすべての医師、すべての国民へ
医者の罪と罰 がんの放置を勧めて治療のチャンスを奪う大罪
医者の罪と罰 放置療法の拠り所「がんもどき」など存在しない
医者の罪と罰 頭の中だけで治療理論をつくるのは傲慢
医者の罪と罰 知っておいてほしい、がんの発生のしかた
医者の罪と罰 一般の人には意外と不評だったがん放置療法
医者の罪と罰 放置療法を論破できない医者たちの不勉強
医者の罪と罰 免疫を無視して古い治療にしがみつく罪
医者の罪と罰 がんにはがんの免疫がある
医者の罪と罰 夢の新薬、オプジーボの問題点
医者の罪と罰 治療を放棄して哲学を語るのは本末転倒
医者の罪と罰 すべての人は、最善の治療を選ぶ権利がある
医者の罪と罰 治療の選択肢を奪うがん専門医
医者の罪と罰 希望する治療を受けさせないのは法律違反
医者の罪と罰 「抗がん剤しか方法はない」と言う医者
医者の罪と罰 形だけのセカンドオピニオンが「がん難民」をつくる
医者の罪と罰 安すぎる手術料が病院を抗がん剤漬けにしている
医者の罪と罰 標準治療の奴隷になった歌舞伎界の名優
医者の罪と罰 「未承認治療は危険」という間違い
医者の罪と罰 「自由診療は高い」「保険診療は安い」というまやかし
医者の罪と罰 抗がん剤の限界を隠している医師たち
医者の罪と罰 「夢の治療薬」は自己免疫疾患が多発する副作用がある
医者の罪と罰 免疫細胞療法のエビデンスを黙殺
医者の罪と罰 出版社はその原点に返るべきではないのか
医者の罪と罰 視聴者を迷わせる報道姿勢は問題だらけ
医者の罪と罰 ジェネリック医薬品が安いのには理由がある
医者の罪と罰 有象無象がはびこるサプリメント業界
医者の罪と罰 慢性炎症を改善するコラーゲン
医者の罪と罰 注目のプラセンタも原料の品質がカギ
医者の罪と罰 これからのがん治療は免疫抜きには語れない
医者の罪と罰 21世紀にふさわしいがん治療設計を考えよう
医者の罪と罰 がんの完治を診断する検査方法はないか?
医者の罪と罰 がん医療の体系を見直して国民医療費の削減を
医者の罪と罰 おわりにーー医者の罪と罰

書籍連載一覧へ

ご相談・資料請求はこちら