ウェルネスコラム「がんという難敵を標準治療だけにこだわって治すのは困難」

ウェルネスコラム

書籍連載

【第4章】最新の治療法への強い探究心こそが、がんを克服するカギ
がんという難敵を標準治療だけにこだわって治すのは困難

がんという難敵を標準治療だけにこだわって治すのは困難

治療方法の選択や、医療機関の決定は、最終的に患者様自身にしかできません。しかし、患者様が陥りがちな間違いの一つに、「自分が選んだ1つの方法にこだわる」ということがあります。例えば「標準治療は避けて、食事だけで治したい」といった考え方ですが、これには「ANK免疫細胞療法だけで治したい」というものも含まれます。逆に「抗がん剤は絶対に使わない」といったこだわりも、同様によくない考え方だと言えます。

保険診療+先端医療  完治をめざす「がん治療設計」

保険診療+先端医療
完治をめざす「がん治療設計」

がんという病気は、昔から多くの学者や医師によって研究されてきました。現在目の前にある様々な治療は、その膨大な研究を踏まえたもので、それなりの科学的根拠を持つものが多いのです。

しかし、現在、がんで亡くなる方が後を絶たないということは、唯一ベストな治療法というものがまだ存在しないことを意味しています。がんという難敵を、1つの治療法だけで征圧することはできません。

どの治療法にも得手・不得手があり、その組み合わせで強みを最大限に引き出し、不得手をカバーするという発想が必要です。多くの患者様がいやがる殺細胞剤も、がん治療設計の重要なオプションです。危険度の高いがん細胞ほど分裂が速く、殺細胞剤の有効性は高まります。

つい最近の経験ですが、全身にがんが転移した60代の女性がANK免疫細胞療法を受けに来院しました。某大学病院では担当医が殺細胞剤の投与を開始するといいます。

ご本人は、殺細胞剤とANK免疫細胞療法を同時に受けたいといいます。ご主人も「リスクを負ってもいいからお願いします」と言います。私は今まで殺細胞剤とANK免疫細胞療法の同時併用はしたことがなく、リンパ球バンクに問い合わせても、殺細胞剤投与中は正常細胞が異常化する傾向があり、NK細胞が正常細胞を攻撃する可能性があるという理由で、同時併用は他院でも行なわれていません、という説明です。しかし、私は実験的治療として何としてもリスクを負ってでも踏み切るべきだと決意して同時投与を行なったところ、みるみるうちにマーカーのレベルが下がり始め、ご本人も元気になられました。

殺細胞剤は、がんだけでなく免疫細胞も叩いてしまうのでANK免疫細胞療法との併用は禁忌とされていました。いわば禁じ手を行なったわけですが、結果オーライとなりました。体内で起こっている現象は、我々の想像を超えているのでしょう。

このように、がんという難敵との闘いで勝つためには、治療法の最適な組み合わせを考えることが重要なのです。がん完治をめざすには、使えるあらゆる武器を考慮に入れて治療設計を考えることが重要です。

そうした治療の考え方を「集学的治療」と言い、「がん治療設計の窓口」は集学的治療の考え方に基づいて相談するところでもあります。

【次のページ】分子標的薬の効果を引き出すのは医師の「さ...

【前のページ】治療選択の自由を支援し、最適な治療設計を...

目次へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら