ウェルネスコラム「がんが再発・転移してしまうと標準治療は無力」

ウェルネスコラム

書籍連載

【第1章】手術・抗がん剤・放射線治療・・・三大療法のゴールは、「完治」ではなく「延命」
がんが再発・転移してしまうと標準治療は無力

標準治療の主要な武器「三大療法」

健康診断やなんらかの異変をきっかけにがんと診断された場合、ほとんどの方が標準治療と呼ばれる治療法の範囲内でがん治療をスタートさせることになります。
保険診療として行なわれているがん標準治療の代名詞は「三大療法」です。これは、手術、放射線療法、抗がん剤による化学療法を指します。
標準治療の主要な武器である「三大療法」のそれぞれの特徴を見てみましょう。

保険診療+先端医療  完治をめざす「がん治療設計」

保険診療+先端医療
完治をめざす「がん治療設計」

①「手術」の特徴

三大療法のうち、手術は早期がんに対して非常に有効な治療法です。がんとの闘いでは、がん細胞の数を減らすことが最も重要なので、腫瘍を一度に摘出できるという手術の特性は大きな利点だと言えます。

また、手術には、がんを診断する上でも大きな意味があります。そもそもがんは、手術によって摘出したがん細胞を病理検査で分析した後、初めて確定診断となります。がん細胞病理検査医が見れば、飛び散りやすいかそうでないかといったがんの性質もわかります。そういった知見が、その後の治療方針を検討する上でも大いに参考になるのです。

しかし、手術にもデメリットはあります。

まず体を大きく傷つけるので、そのダメージは避けられません。手術の直後には体力も免疫力もぐんと低下します。

また、取りきれないがんが体の中に残ると、がん細胞は急激に勢いよく増殖を始めます。それは、手術で傷ついた組織を修復するために、細胞の増殖を促す信号が全身に発せられるからです。がん細胞も、ほかの正常細胞と同じく増殖信号を受け取り、刺激を受けて分裂のスピードを速めるのです。

転移がんが原則として手術の適用にならないのは、そのようにがんが暴れ出して手に負えなくなるからです。手術は古代からある治療法ですが、多くの医学者が「がんには手を出すな」と戒めてきたのも、手術後にかえって悪化する現象が広く知られていたためだと考えられます。

②「放射線療法」の特徴

放射線療法は、腫瘍のある部位を狙ってX線などを浴びせ、がん細胞を減らす局所療法です。がんを「焼く」と言われるように、体内のがん細胞にやけどをさせて殺すようなイメージでとらえられます。

ただし、自由診療の重粒子線などと異なり、保険診療で行なわれるX線療法などは、分裂中の細胞が死ぬしくみなので、治療時に分裂していなかったがん細胞は生き延びます。そこで、次に触れる抗がん剤と同じように何度も繰り返し照射して、なるべく多くのがん細胞を殺すことを目指しますが、がん細胞を全滅させることはできません。しかも、この放射線療法は、がんと闘う上で不可欠な免疫にダメージを与えてしまいます。

さらに、放射線自体に発がん性があることはご存じの通りです。治療の回数を重ねて一定量の放射線を浴びてしまうと許容量の限界が来て、治療の継続はできなくなります。

③「抗がん剤による化学療法」の特徴

手術や放射線療法が、局所のがんに有効な治療法であるのに対し、「抗がん剤による化学療法」は、飛び散るがんに対して有効な治療法とされています。そのため、保険診療の範囲内で転移または転移の可能性のあるがんを治療する場合は、抗がん剤による化学療法を受けることになります。一般的に言われる「抗がん剤」の大半が、「殺細胞性化学療法剤(殺細胞剤)」というものです。

殺細胞剤には、分裂中の細胞のDNAに取り付いて細胞の複製を妨げる、という作用があります。殺細胞剤がDNAに取り付くと、細胞が分裂・増殖するときにDNAはちぎれて死んでしまいます。これにより、体のあちらこちらに散らばって異常な分裂を繰り返している、がん細胞を叩くことができるというわけです。

しかし、狙っているのが分裂中の細胞ですから、分裂していないがん細胞は治療の網をかいくぐって生き延びます。逆に、たとえ正常な細胞であっても分裂中の細胞であれば、治療の巻き添えにされてしまうのです。

特に、新陳代謝が早い組織の正常な細胞は、分裂が速いので大きなダメージを受けやすい傾向があります。例えば消化管の粘膜や骨髄、毛根などの細胞です。殺細胞剤の副作用として、髪の毛が抜ける、粘膜がただれる、骨がもろくなる、といった症状が出やすいのは、こうした理由によります。

殺細胞剤の問題は、副作用だけにとどまりません。

薬剤耐性とがんの反撃のイメージ図

最近わかったのですが、がんには数が少ないですが、「がん幹細胞」がいるのです。がん幹細胞は、増殖しないので殺細胞剤の標的にならずに生き残ります。がん幹細胞は、新しい腫瘍をつくり出すことができ、飛び散ってしまうと転移・再発となります。

殺細胞剤は一回投与しただけではがん細胞を一掃することはできないため、休薬期間を置いて複数回投与します。殺細胞剤を投与した直後はがん細胞がぐんと減り、腫瘍が小さくなったり成長の勢いが止まったりします。ところが、投与を繰り返すうちにやがてその薬では死なないがん細胞が増え始めます。すると、がんは一転して爆発的な増殖を再開します。これは殺細胞剤に限らず、どんな薬にも起こる「薬剤耐性」という現象です。

一般に殺細胞剤では、ファーストライン、セカンドライン......と薬の候補が準備されており、薬剤耐性が起きるたびに次々と別の殺細胞剤に切り替えていきます。そして最終的には使える薬がなくなるのです。

保険診療だけでは「飛び散るがん」は治せない

日本のがん治療の主流である三大療法の最大のデメリットは、飛び散るがん=進行がんを一掃する手立てがないということです。そのため、最終的に寛解(かんかい)(がんなどの難治の病気治療で病気の症状が改善されること)に至る望みはとても薄いものになってしまうのです。

三大療法で飛び散るがんを治療する際には、手術で大きな腫瘍を取り除いた後に、殺細胞剤による化学療法で残存がんに闘いを挑むことになります。しかし、その治療成績は概して芳しいものではなく、遠隔転移した胃がんの場合、5年生存率は5.5%にすぎません。多くのがん患者さんが受けている保険診療による標準治療は、全身に飛び散る進行がんに対しては、非常に分が悪いのが現実です。

標準治療のみで治そうとする発想には無理があり、健康体に戻るどころか命を救うだけでも極めて困難だと言わざるを得ません。

【次のページ】がんは免疫病。完治するには免疫力の回復が...

【前のページ】飛び散っていない早期がんは標準治療でほぼ...

目次へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら