コラム「早期慢性膵炎の嘘」

コラム

書籍連載

【第3章】生活習慣病・老人病の嘘
早期慢性膵炎の嘘

腕の悪い医者は早期慢性膵炎を見逃す

私は、消化器内科医として42年間、診療してきました。その中で、診断が難しい早期慢性膵炎についてお話ししたいと思います。

医者の嘘 医者は自分の都合でウソをつく

医者の嘘
医者は自分の都合でウソをつく

慢性膵炎の条件

  1. ①著明な膵外分泌機能低下
  2. ②CTで膵石を認める
  3. ③ERCPまたはMRCP(いずれも膵管画像診断)で膵管の著明な拡張もしくは念珠状変化がある

このうちひとつ以上が認められた場合に慢性膵炎と診断することになっています。慢性膵炎は、飲酒歴がある男性に圧倒的に多く見られますが、飲酒歴のない女性でも見られることがあります。

私が診ている患者様は、ほとんど飲酒歴のない若い女性が多いのです。慢性膵炎の原因として、男性はアルコールと脂肪の摂りすぎが75%で、女性の場合は50%が原因不明です。

私は、女性の原因不明の中に感染性の膵炎がいると考えています。

以前、埼玉医大の消化器内科に在籍していたときのことです。早期慢性膵炎と診断された患者様の膵臓の検査を行ったことがあります。腹腔鏡を使って組織を取る生検を行いました。

電子顕微鏡で検査をすると、サイトメガロウイルスというウイルスが見つかりました。その結果は、海外の医学雑誌「Endoscopy」にも掲載されました。

その経験から、感染性膵炎はあり得ると考えていました。ですから、若い女性でも膵炎があると考え、原因不明の持続的腹痛を訴える女性には、腹部超音波検査で膵管拡張が見つかれば、早期慢性膵炎と診断し治療して感謝されています。

日本膵臓学会の診断基準に該当する慢性膵炎は一生治りません。多くの臨床例でそれを知っているからこそ、早期診断で早く治してあげたいと努力しています。

腹部超音波検査で膵管拡張があるかどうか確認するには技術が必要です。腹部超音波専門の検査技師でも、私が認めた膵管拡張を見つけることができなかったくらいです。

そもそも消化器内科医で腹部の診察をしない医者が多すぎます。

現代医学は検査機器が発達したため、なにかとCTやMRIなどの検査機器に頼ろうとします。しかし、膵管の拡張は腹部超音波検査でないとわかりません。

これは大病院の医者も同様です。私のクリニックに辿りつくまでに大学病院や大病院で検査しても異常なしといわれた人が多くいます。心療内科を受診しなさいといわれ、受診したものの一向に改善しないのでネットで検索して、私のクリニックを訪れる患者が少なくないのです。

【次のページ】「軟骨は再生しない」の嘘

【前のページ】スタチン系薬剤の嘘

目次へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら