ウェルネスコラム「人間ドックの嘘」

ウェルネスコラム

書籍連載

【第2章】がん予防の嘘
人間ドックの嘘

人間ドックではがんの予防はできない

人間ドックを毎年受けていれば、がんにならないと思っている人も少なくありません。人間ドックや健康診断の効果についてはいろいろいわれています。私は自分のクリニックで人間ドックや健康診断を 18年にわたり実施していますから、その重要性については十分理解しています。

医者の嘘 医者は自分の都合でウソをつく

医者の嘘
医者は自分の都合でウソをつく

ところが欧米では、健康診断は不要である、健康診断は受けても受けなくても生存率に変わりはないとの報告があります。

それは健康診断の種類と精度による、と私は考えます。

私は、内視鏡の専門医ですから、これまでに人間ドックや健康診断で早期がんを発見したことは枚挙にいとまがありません。

その経験に基づけば、人間ドックや健康診断は欧米で何といわれようと、〝早期がんを発見する有力な手段である〞と断言できます。

しかし、人間ドックや健康診断は早期発見の手段ではあっても、がんを予防する手段にはなりません。がん予防には、別の手法があります。

がんを予防するためには、予防的な治療が必要なのです。現在の保険診療では、「治療はいいが予防はいけない」ということになっています。

国民医療費を大幅に削減したいなら、がん予防も保険診療に組み込むべきだと、私は考えます。

【次のページ】がん予防の嘘

【前のページ】ピロリ菌除菌の嘘

目次へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら