ウェルネスコラム「病院ランキングの嘘」

ウェルネスコラム

書籍連載

【第1章】がん治療の嘘
病院ランキングの嘘

ネットのランキングは作為的に作られている

インターネットは、無料の情報源として、多くの人が利用しています。みなさんも何か調べたいことがあれば、まずはパソコンやスマートフォンでインターネット上の情報を検索するのではないでしょうか?

医者の嘘 医者は自分の都合でウソをつく

医者の嘘
医者は自分の都合でウソをつく

しかし、インターネットの情報には注意が必要です。特に医療情報には、いい加減なものが少なくありません。根拠のないものや嘘の情報があふれています。

その理由は、まず、情報を発信している人が医療従事者でないことが多いからです。いわゆるコピペ(コピー&ペースト)で、他人の情報をコピーして、自分の情報のように発信できるので、いい加減な情報がどんどん増殖してしまいます。

私のクリニックにも、インターネットの情報を鵜呑(うの)みにして相談に来る患者様が跡を絶ちません。そのような患者様には、まず、正しい情報は何であるのかを伝えることから始めなければなりませんので、診察に時間がかかります。とても苦労しています。

では、医者が情報発信をしているブログやホームページであれば、信用できるのでしょうか。情けない話ですが、それも「問題あり」といわざるを得ません。誰もチェックをしていませんから、いった者勝ちの状況です。厚生労働省もまったく野放しにしています。

なぜこのようなことが起こるのかというと、素人(しろうと)を騙すのは簡単だからです。

たとえば、みなさんががんと宣告されたら、どうするでしょうか?本人も家族もパニック状態になるでしょう。

そして、何か良い治療法があるのではないかと、インターネットで検索してみるのではないでしょうか。すると、たちまち出鱈目な免疫療法が上位に表示されます。

きっとみなさんは、上に表示されたものから順に情報を見ていくでしょう。しかし、上位表示された情報が良い情報とは限らないのです。免疫療法を行っているクリニックの中には、莫大な広告費を投じて、広告として上位に表示されるようにしているところが多いからです。

公的機関を装った悪質なサイトも

もっと手の込んだ方法もあります。治療法を検索すると、公的機関を装ったホームページが表示され、病院ランキングが掲載されています。ところが、そのホームページ自体、免疫療法を行っているクリニックが恣意(しい)的に作ったもので、当然、自分のクリニックが上位にランキングされるようになっています。

がんの宣告を受けて切羽詰まった精神状態で検索をしていれば、このような悪質な情報にも簡単に騙されてしまいます。

インターネットの情報は、このような罠が潜んでいることを認識した上で利用すべきです。

【次のページ】ピロリ菌除菌の嘘

【前のページ】低栄養の食事療法の嘘

目次へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら