ウェルネスコラム「低栄養の食事療法の嘘」

ウェルネスコラム

書籍連載

【第1章】がん治療の嘘
低栄養の食事療法の嘘

栄養を摂らなければ免疫力は上がらない

書店へ行くと、がんの食事療法を説いている書籍を見かけます。これらの著者はおしなべて、低栄養の食事を勧めています。

医者の嘘 医者は自分の都合でウソをつく

医者の嘘
医者は自分の都合でウソをつく

それはなぜでしょうか?

彼らの説は、〝栄養価の高い食事をしていると、がんにも栄養が行き渡って、がんが進行してしまう〞というものです。そうならないために、〝栄養を摂るな〞というのです。

その結果、どうなるでしょう?患者様はがんのためだけでなく、栄養不足でますますやせ細ってしまいます。

繰り返しますが、がんを退治するには、本人の免疫力が重要です。それしかないといってもいいほどです。

特にNK細胞の活性度が低く、がんを殺す力がありません。

栄養を十分に摂らないとNK活性は上がりません。

低栄養を勧めるがんの食事療法は、がん治療に逆行しているといわざるを得ません。

【次のページ】病院ランキングの嘘

【前のページ】がん告知の嘘

目次へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら