コラム「血管の主成分コラーゲンの予防効果」

コラム

書籍連載

【第4章】血管だけでないコラーゲンの医療効果
血管の主成分コラーゲンの予防効果

コラーゲンによる予防・治療効果

ここまで、わたしたちの健康維持に最も重要な「血管」に注目して、高品質コラーゲンをはじめとする、血管の老化の仕組み、その治療効果と予防法についてお話ししてきました。 しかし、みなさんもお気付きのように、コラーゲンは血管組織以外でも重要な役割を担うたんぱく質です。高品質なコラーゲンを飲むことで、老化コラーゲンによって引き起こされている、動脈硬化以外の様々な病気・症状に対しても、効果があるのではないでしょうか。

がんと診断されたらANK免疫細胞療法

血管が若がえれば
健康寿命はのびる

高品質なコラーゲンを摂ることで期待できる効果は、アンチエイジング(抗加齢)全般だと考えられます。アンチエイジングというと「美容」を連想される方が多いかもしれません。しかしそれは、目に見えやすいごく一部の効果にすぎないのです。予防医学の観点からいえば、アンチエイジングとは、加齢に伴ってリスクが増大する様々な病気を予防し、健康をできるだけ長く維持するための技術です。わたしは、コラーゲンにはその可能性があると考えています。

といってもピンとこない方も多いかもしれません。

本章では、コラーゲンの健康効果の実例と、その可能性について解説します。血管の健康効果と同時に得られる、様々な可能性を感じていただければと思います。

高品質コラーゲンによる様々な健康効果

実をいえば、わたしもほんの10年前まではコラーゲンをただの美容用サプリメント程度にしか考えていませんでした。医者に見放された坐骨神経痛の患者様が、コラーゲンを飲むことで改善したという話を知人から聞かなければ、興味を持つこともなかったかもしれません。

しかし、その後の臨床研究で、高品質コラーゲン摂取により、ひじょうに多くの健康効果が分かってきました。

この高品質コラーゲンの健康効果には、例えば、前述しました動脈硬化の改善・解消から、骨粗しょう症の改善、美肌効果、育毛効果など、本当に様々なものがあります。 以下の図には、わたしの臨床研究で明らかになった、高品質コラーゲンの主な健康効果をまとめました。

また、まだまだ症例データは少ないのですが、これらの効果以外にも、ぶどう膜炎、老眼、アルツハイマー、加齢臭の予防・改善、また免疫力アップについても、効果が出ていると考えています。

それでは、わたしがクリニックで続けているコラーゲン臨床研究の一端を、患者様の声も交えて紹介していきましょう。これからの医療を変えるかもしれないコラーゲンの持つ可能性を知っていただければ幸いです。

【次のページ】Case1 骨・関節

【前のページ】血管を元気にするライフスタイル

目次へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら