ウェルネスコラム「血管、血液、血圧の3つの関係」

ウェルネスコラム

書籍連載

【第1章】あなたの寿命は血管の健康が左右する
血管、血液、血圧の3つの関係

65歳以上の日本人の6割が高血圧

一般的に「年をとると血圧が上がる」といいます。そのため、年齢が上がるとともに高血圧の方の割合も高くなりますが、事実、日本人においては、65歳以上の人の約60%が高血圧であるという、厚生労働省のデータがあります。

がんと診断されたらANK免疫細胞療法

血管が若がえれば
健康寿命はのびる

この、年をとると血圧が上がることにも血管の老化が深く関わっています。

ご承知のように、血液は心臓の鼓動(収縮と拡張の繰り返し)によって全身の血管を循環しています。心臓のポンプ作用は片時も休むことなく、24時間365日、わたしたちが生きている限りずっと続きます。この血液が血管を流れるときに血管の内壁に加わる圧力が「血圧」です。

最高血圧(上の血圧)は、心臓が収縮して血液を送るときにかかる最大の圧力のこと。このとき血管は膨らみ、若干太くなります。

これに対して、心臓が拡張すると血管は元の太さに戻ります。このときにかかる最小の圧力が最低血圧(下の血圧)です。

後述しますが、年をとると血管が硬くなるため、最高血圧が上がりやすくなります。この上昇もまた血管の老化によって引き起こされる現象なのです。

血圧と血管の老化の関係

年をとると血管は弾力性がなくなって硬くなるとお話ししました。そのため、心臓がギュッと収縮して血液を押し出しても、若い血管のように柔軟に膨らむことができません。また血管の内壁にはプラークが溜まって厚くなり、ところどころ狭くなっています。そのなかを血液が勢いよく流れていくのですから、当然血管の内膜には、若いころよりも大きな負荷がかかります。

この結果、血圧、特に最高血圧が上がってしまうのです。

老化によって、全身の器官のほとんどの機能は低下し、萎縮していくものです。ところが高齢者の心臓は逆に肥大化していたり、拡張しているケースがよくあります。これは、老化した血管に十分に血液を送り出すため、若いころよりも大きなパワーが必要になるからなのです。

お年寄りの高血圧、心臓の肥大もまた、その主原因は血管の老化なのです。

【次のページ】生活習慣病と血管

【前のページ】血管年齢って何?

目次へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら