ウェルネスコラム「人は血管から老いる」

ウェルネスコラム

書籍連載

【第1章】あなたの寿命は血管の健康が左右する
人は血管から老いる

血管は約10万キロメートルのライフライン

まず血管の仕組みと役割を簡単に見ていきましょう。血管は、血液を全身に送るためのパイプです。ひとりの人間の体内に存在する血管をすべてつなげると、その長さはおよそ10万キロメートルに達します。血液を勢いよく送り出すポンプが心臓。ここから身体の末端に向かう血管が「動脈」、帰り道は「静脈」です。

がんと診断されたらANK免疫細胞療法

血管が若がえれば
健康寿命はのびる

動脈と静脈のつなぎ目部分はごく細くなっており、毛細血管と呼ばれます。1500億本ほどあるこの毛細血管は、血管のおよそ90%を占めており、最も細い部分では直径1000分の7ミリメートルほど。ごく細い血管が網目状になって、人体に約60兆個存在する細胞のすべてを覆っています。この細く、薄い血管を通じて、細胞内に酸素・栄養素などが運ばれ、代わりに不必要になった二酸化炭素・老廃物が運び出されているのです。
このメカニズムを「代謝」といいます。

血管が運ぶもののなかで最も重要なのは酸素です。
酸欠状態になると細胞は死亡します。ごく一部の細胞だけなら全身に支障をきたすことはありませんが、問題なのは脳です。脳は酸素供給がたった3分間滞っただけで機能を停止してしまいます。
近年急速に普及しているAED(Automated External Defibrillator 自動体外式除細動器)の救命講習でよく使われる「ゴールデンタイム」という言葉は、心臓が停止してからの3分間のことです。このあいだに脳に酸素を送り込めば、脳死を防ぐことができるからです。
ですから、AEDで効果がすぐに出ないときは人工的に血液に酸素を送り込むことの方が優先されます。その手段が心臓マッサージ、人工呼吸です。AED講習で必ず心臓マッサージと人口呼吸を並行するように指導されるのはそのためです。

また血管には、体温や水分、免疫細胞(白血球など)を全身に運ぶための通り道の役割もあります。例えば、手足の冷えは身体の末端部分への血流を滞ることから起こる現象で、ひどい場合には細胞が壊死しします。ずっと同じ姿勢でいるだけでも血流は妨げられることがあります。寝たきりの方や長期入院中の方に起こる「床ずれ」は、まさに血管の圧迫から生じる壊死のひとつです。

血管は代謝機能を担う人間のインフラそのものなのです。
上下水道、ガス、電気といったインフラに不具合が出た地域は、救援がなければ生活に支障をきたすのと同じように、血管がなければわたしたちの身体は、生命を維持することができないのです。

血管の老化が全身の老化につながる

「人は血管とともに老いる」という言葉をご存知でしょうか。
一般的には加齢とともに、血管の組織が劣化し、様々な健康上の不具合が出てくるようになるという意味で使われます。

加齢が進むと、血管の組織はどんどん劣化していきます。硬くなり、細くなり、前述したインフラとしての大切な各機能もうまく働かなくなるのです。これは血管だけの問題ではありません。血管の老化によって、全身の代謝が落ち、修復機能が低下してしまうことで、わたしたちの身体すべての細胞を「老化」させる ーつまり、全身が老化するー ことになるのです。

これが「血管とともに老いる」ということです。
もう一歩考えを進めると、血管さえ老化しなければ、全身の老化現象の多くが起こらないともいえます。

その意味では「人は血管から老いる」という方がふさわしいのかもしれません。

【次のページ】血管の老化が寿命を縮める

【前のページ】はじめに

目次へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら