免疫療法『ANK免疫細胞療法』に適切ながんのステージについて

ANK免疫細胞療法

ANK免疫細胞療法に適切ながんのステージ

進行がんでも完治させることが可能なANK免疫細胞療法ですが、その治療にも限界はあります。ANK免疫細胞療法といえども治療が手遅れになれば、効果を発揮できないからです。はじめるタイミングはステージ1〜3が望ましいです。

がんのステージが進行しているとNK細胞の培養が難しくなる

ANK免疫細胞療法を受けることを検討している方なら、現在どのような治療を受けているにせよ、できるだけ早いタイミングで、当院に相談してください。治療のタイミングが早いほど、完治できる可能性は高くなるからです。実際、2人に1人は断らざるを得ない状況なのです。それは、標準治療をやり尽くしてから、「最後の頼み」として来院されるため、免疫がすでに大きなダメージを受けていて、望むような効果を期待できないからです。患者様自身のNK細胞がボロボロになってからでは、うまく培養できない可能性があるのです。

標準治療と併用で負担軽減

大きな腫瘍に対して、ANK免疫細胞療法単独で治療を行なうには、長い時間がかかります。そして、長期間になるほど治療費用は高くなり、患者様の状態によっては、効果が出る前に可能性があります。そのため、大きな腫瘍を一度に摘出できる手術や、がんの勢いに強力なブレーキをかけることができる抗がん剤などを併用して、このANK免疫細胞療法を行なうことが理にかなっています。効果を高めるためにも、早いタイミングでANK免疫細胞療法を考慮した治療設計を立てることが重要です。

がんと診断されたらANK免疫細胞療法

がんと診断されたらANK免疫細胞療法を考慮した治療設計を行うことががんと戦うために必要です。

【提供】リンパ球バンク株式会社

がん治療無料相談センター

お問い合わせ・資料請求はこちら