面談から治療方法までのANK免疫細胞療法の流れについて

ANK免疫細胞療法

ANK免疫細胞療法 治療の流れ

当クリニックでは、QOL(延命)ではなく、完治を目指すがん治療を行なっております。まずはお電話またはメールにて現在のご状況をお知らせください。患者様に合った治療設計をご提案いたします。

1. 電話もしくはメールでお問い合わせ

まずは電話もしくはメールにてお問い合わせください。ANK免疫細胞療法の担当スタッフが応対いたします。現在かかっている病名、医療機関、治療経過などをお伺いさせていただき、石井院長との面談を調整いたします。

お問い合わせ窓口はこちら

2. 院長との面談

ANK免疫細胞療法を希望される患者様には、まず石井院長との面談を受けていただきます。治療への不安や悩みなど、なんでもお話しください。石井院長が患者様の状態やご要望をヒアリングした上で患者様お一人おひとりにあった治療計画をご提案いたします。患者様とご家族にご理解、ご納得いただいた上で、治療を始めさせていただきます。

院長との面談の画像

面談問診票

3. リンパ球の採取

治療を始めるにあたり、患者様の体内から、がん細胞を殺す免疫細胞・NK細胞を含むリンパ球を採取します。リンパ球分離採取機で血液を体外循環させ、遠心分離の原理で血液からリンパ球を分離して採取を行います。血液の大部分はそのまま患者様の体内に戻すため、負担の少ない方法です。約3時間ほどかけて採取します。

リンパ球の採取の画像

4. リンパ球の培養

採取したリンパ球は、その日のうちに京都にある国内唯一の細胞培養センターまで慎重に運ばれ、3週間ほどかけて培養されます。細胞培養センターでは、NK細胞の培養環境を調整しながら、選択的に増殖させ、活性を高めていきます。この過程でNK細胞は、活性が高まり、強力なNK細胞、すなわちANK細胞へと進化します。ANK細胞は、凍結保管し、点滴のたびに融解させて活性化させます。

リンパ球の培養の画像

5. 点滴治療および治療間隔

培養が完了したANK細胞は患者さんの元に運ばれて、点滴で体内に送り込まれます。点滴は1回1時間を週2回打ちます。これを6週間繰り返して1クールとし、クールを繰り返して最終的にがんに打ち勝つことを目指します。ANK細胞は、体内に入ると2つの威力を発揮します。まず、直接がん細胞を攻撃して死滅させる効果があります。次に、がんによって眠らされていた体内のNK細胞を目覚めさせてがん細胞を攻撃に動員する効果があります。この2つの効果で、がん細胞の死滅を目指します。

点滴治療および治療間隔

ANK免疫細胞療法の経過のイメージ図。ANK免疫細胞療法では、NK細胞の活性化と増殖を両立する培養技術を駆使し、ANK細胞の活性と数をコントロールしながら、原則週2回の点滴を行い、十分ながん攻撃力と危険すぎない免疫刺激を間欠的に(3〜4日に1回ずつ)加え続けることで、がん特有の異常に免疫抑制を押し返していきます。

点滴治療は、ANK東京がんセンターの他提携医療機関、または点滴協力機関で行うことができます。当クリニックは東京都中央区にございますので、遠方の方で点滴治療に通えない場合などありましたら事前にご相談ください。抗がん剤・放射線療法の治療及び分子標的薬とANK免疫細胞療法の併用につきましては主治医とご相談ください。

ANK免疫細胞療法の副作用について

治療の副作用としては、点滴後半日から1日ほど、ANK細胞の効果による、発熱が考えられます。発熱はANK細胞ががんによって眠らされているNK細胞を呼び起こしているという大切な反応の結果です。発熱は細胞の遺伝子にダメージを与えるようなものではないので、後々に影響が残ることはありません。時間の経過と共に徐々に熱は収まっていきます。

ANK免疫細胞療法についてより詳しく知りたい方は無料説明会へどうぞ。

がん治療無料相談センター

動画でわかるANK免疫細胞療法の流れ

【提供】リンパ球バンク株式会社

お問い合わせ・資料請求はこちら