がん免疫療法ANK免疫細胞療法の費用について

ANK免疫細胞療法

ANK免疫細胞療法の費用について

がんの先進医療であるANK免疫細胞療法の費用についてご説明いたします。
ANK免疫細胞療法は自由診療のため、治療費用は全額自己負担となります。民間の医療保険適用となる場合や分割払いもございますので詳しくはご相談ください。

ANK免疫細胞療法の協力医療機関について

ご相談窓口

ANK免疫細胞療法  治療費

初診相談料

担当医が患者様の状態をヒアリングさせていただき、患者様にもっとも適した治療方針をご提案いたします。

初診相談料(税抜) 10,000円/回

リンパ球採取費用

ANK免疫細胞療法をお申し込みされましたら、NK細胞を含むリンパ球を採取いたします。

採取費用(税込み) 216,000円/回

※ANK免疫細胞療法1クール分の培養については、リンパ球採取を1回で行なう場合と2回で行なう場合があります。
リンパ球採取1回毎に上記の費用がかかります。

リンパ球培養費用

京都にある専用培養センターにてリンパ球を培養し、NK細胞を活性化させます。

回数 培養費用(税込み)
6回(0.5クール) 2,030,400円
(1回あたり338,400円)
12回(1クール) 3,844,800円
(1回あたり320,400円)

※主治医管理料、及び治療管理料を含みます。

ANK細胞の点滴投与費用

ANK免疫細胞療法の治療方法は点滴投与となります。

点滴投与費用※ 20,000円/回(税抜)

※ 1クールの場合は、合計12回の点滴投与となります。

ANK免疫細胞療法は副作用も少ないので入院の必要はありません。
したがって入院費もかかりません。

その他の費用

リンパ球搬送費用※1 54,000円(税込み)
その他※2 都度

※1 ご家族や信頼できる人が直接運び込まれる場合は、この費用はかかりません。

※2 患者様の状況によって、以下の費用がかかります。
・血液検査料
・分子標的薬代
患者様によってそれぞれで異なります。

がん治療無料相談センター

治療費の考え方

保険診療で解決できることは、保険診療を活用する

癌治療は、先が見えない長い闘いになることが珍しくありません。できるだけ有利に闘いを続けることを想定して、治療内容を見直し、貴重な治療費はなるべく効率よく使っていく必要があります。手術や放射線治療などの保険診療とANK免疫細胞療法を上手に併用させることで、医療費をできるだけ抑えることが可能となります。

保険治療 X ANK免疫細胞療法

大学付属病院などで手術を行い、ANK実施医療機関でANK免疫細胞療法を行う例も少なくありません。

このように治療を組み合わせることは費用を抑えるだけではなく、最先端医療の治療効果も最大限引き出され、根治治療の可能性があがります。

免疫とは何かを知ることががん治療に重要

がん治療トップへ
治療例はこちら

混合診療規制について

保険診察の標準治療と自由診療のANK免疫細胞療法を行うことは混合医療になるからできないと聞いたことがある人がいるかもしれませんが、別々の医療機関で行うなら問題はありません。混合診療規制は、病院、クリニック経営に関する行政指導であり、患者さんの自由意思による行動を縛るものではないからです。

混合診療規制についての図

お問い合わせ・資料請求はこちら